PR

光回線が遅いのは、こんな4つの理由があります。解決策も提示します。

インターネットが遅い原因 enひかり
記事内に広告が含まれています

「夜になると遅くて動画が止まる。オンラインの画像が固まる」

「スマホの場合だと、Wi-Fiを切ってスマホの4Gで接続した方が速い」

ひかり回線を使っている人から、「インターネットが遅いんですけど」と相談をうけることがよくあります。

本来、現在の主流となっている各社の「最大1Gbpsの光回線のスピード」はベストエフォート(理論上の計算上での最速値)とは書いてありますが、昔に比べたら各段に速いはずです。

にも関わらず、速度が遅いというのなぜでしょうか。

結論から言いますと、あなたの光回線が遅いとしたら、原因はずばり次の4つです

原因1:LANケーブルのせいです。規格が古い、または古くて断線しかかっている。

「LANケーブル」って何でしょう? 
Local Area Network ローカルネットワーク 日本語で言えば、「構内通信網」
一つの建物の中(会社・学校・工場など)で、通信を網のように張り巡らす線といった感じですね。
個人の家のなかでは、ネットワークっというほどでは全くなく、モデムからWiFiルーターへのケーブル1本しか使いません。

このLANケーブルはデータの通り道です。
①古い規格のものはたくさんのデータを通すことが出来ません。
②LANケーブルは半ば消耗品です。使っている間に接続部分が抜けかかったり断線しかかっているケースがよくあります。

こんなLANケーブルを使っていると、今まで調子よかったのに急に遅くなったり、上りは速いのに下りが絶望的に遅いといった現象が起こります。
(たびたび、こういった現象が出る場合、かなりの確率でLANケーブルが原因です)

まずはLANケーブルを新しいものに交換してみるのは効果大です。

その際、ちゃんとしたメーカーの上位規格のLANケーブルを選びましょう。

1)サンワサプライ
2)エレコム
3)バッファロー
以上のような大手のケーブルなら間違いありません。 安いからと言って、ネットでノーブランドなどを買わないように!

次にLANケーブルの規格ですが、下の図を見てください。右のカテゴリーに行くほど性能が高くなっています(当然、値段も高いですが)

パッケージに規格が書いてあるので、確認して買いましょう。

LANケーブルは通信速度・周波数などの違いにより、規格と呼ばれるカテゴリに分類されています。
数字が大きくなればなるほど通信速度が速く、伝送帯域が広くなります。

一般的な1Gbpsの光回線を契約しているなら「カテゴリー6以上のLANケーブル」

10Gbpsの光回線を契約しているなら「カテゴリー7以上のLANケーブル」をお勧めします。

原因2:ルーターの性能が低い場合は回線速度が遅くなります。

ルーターの性能で回線速度は変わります

ルーターの性能が低い。つまり十分なデータ伝送キャパシティーが無いと実質の回線速度は遅くなります。

WiFiルーターには規格があります。

通信速度に影響する重要なポイントです。auひかり・ソフトバンク光などをはじめとする光回線の通信速度は最大1Gbpsであるのが主流で、光回線のスペックを引き出すには、最新の規格に対応したWi-Fiルーターを使うことをおすすめします。

WiFiルーターの各規格の最大通信速度は以下の通りです。

    規  格速 度
① IEEE802.11ax(Wi-Fi6)9.6Gbps
② IEEE802.11ac(Wi-Fi5)6.9Gbps
③ IEEE802.11n(Wi-Fi4)600Mbps(0.6Gbps)
④ IEEE802.11g54Mbps(0.054Gbps)
⑤ IEEE802.11a54Mbps(0.054Gbps)
⑥ IEEE802.11b11Mbps(0.011Gbps)

11nからは一般に判りやすいように「Wi-Fi4」「Wi-Fi5」「Wi-Fi6」の表記がされています。

③より下位の規格では、現在の光通信のスペックである1Gbps(1000Mbps)を下回っており、十分な通信速度が出ない事になります。

1Gbps(1000Mbps)と言っても、理論値でありまして実際はそんな速度は出ないので、100Mbpsも出れば十分なんで③の11n(Wi-Fi4)でもOKですけど、やっぱり余裕はあったほうがいいですね。

最近では、10Gbpsの光回線も出てきており通信性能を引き出すためには、Wi-Fiルーター規格は11ac以上であるのが理想的です。

※11axは最新規格で、最終スペックが固まるのは2014年2月頃と言われています。なのでまだ対応機器が少ないようです。

ATERMのハイエンドモデル 

ATETMのミドルグレードモデル

ATETMのベーシックグレードモデル

原因3:「IPv6(IPoE)通信」を使っていない

いきなりIPv6と言われても戸惑いますが、これは最新の通信規格なんです。

世の中のインターネットは従来の「IPv4(PPPoE)通信」のままになっています。

ここで、Ipv4とIpv6の違いを説明します。

大きな違いは割り当てられるIPアドレスの数の違いです。

規格名読み方IPアドレスの割当数
Ipv4internet Protocol Ver.442億9496万7296個
Ipv6internet Protocol Ver.6約340澗(かん)
340兆の1兆倍の1兆倍
約340澗なんて数・・・ほぼ無尽蔵って事です。

IPアドレスっていうのは、インターネット上の住所みたいなものです。これが無いと、どこにデータを送っていいかわからないのです。

世界の人口は80億人くらいですから、そのうちの3分の一くらいの人がインターネットにつないだり、最近はいろんな機械がネットにつながりますから、Ipv4の規格だと足りなくなってきます。

Ipv4とIpv6で、通信速度は変わりません
Ipv6は混雑に強い規格なんです。→ みんなが使いだす夜にIPアドレスを割り当てるときも、たくさん番地があるからスムーズに割り当てができます。 
 一方、Ipv4の場合は番地の手持ちが少ないので割り振りに手間取り、もたもたしてしまうので、結果遅くなってしまいます。

ココに注意
「IPv4(PPPoE)通信」は最大200Mbpsしか出ないため、最大1Gbpsの光回線の能力をまったく発揮できません。

かといって、Ipv4規格の通信がダメという訳では全くありません。もともと、最大1Gbpsの帯域は、メインのケーブルから各家庭のONUまでの理論値です。
それ以降のONUの性能、LANケーブルの性能、WiFiルーターの性能が追いつかないので、1Gbpsなんて実際は出ないのです。

また、実際のネットでの使用は100Mbpsも出れば十分です。ネットワークゲームでも全く問題が無い訳です。

ただ、Ipv4規格は1世代前の規格で、回線の混雑時の問題をクリアにできていません。夜間ユーザーが増えてトラフィックが上がってくると、回線は遅くなります。いったん遅くなりだすとなかなか元に戻りません。

これを解決した新規格がIpv6です。これですと、混雑した経路をすり抜けて接続していくので、回線速度はほぼ維持できます。

回線会社を乗り換える

回線各社は自前の設備を用意して接続のサービスを行っていますが

【enひかり】が光回線の選択では【一択】である5つの理由
トップページへ

タイトルとURLをコピーしました