PR

enひかりとキャッシュバックの手続きが超絶面倒なauひかり代理店を比較したら

記事内に広告が含まれています

結論 キャッシュバックをもらう為に苦労しても、元々シンプルで安い「enひかり」にはかないません。

auひかりの代理店経由でネットを申し込むと、キャッシュバックが多くて得なんだって!

auひかりって、公式サイトから契約すると少しもお得じゃないって話を聞いたことあるわ

そうそう、auひかりってKDDIだから、KDDIの代理店って言うのが正しいらしいんだけどね。

NNとか21とかいくつかあるみたい。

で。どこがお勧めなの?

ちょっと待った!

キャッシュバックに迷わされると、面倒な沼にハマるよ!

シンプルな会社が最強って事をお教えしましょう。

キャッシュバックは蜜の味・・・でも、実際は?

auひかりの正体はKDDIです。この会社の特徴は代理店に契約を丸投げしちゃってるって事。

各代理店は、月額の利用料金はいじれないので、キャッシュバックをエサにお客さんを取り込むという方法を取っています。

それに、プロバイダーという取引先にもキャッシュバックを出させて、札束攻撃を仕掛けてます。

<br>

ネット契約して現金キャッシュバックしてもらったら、ラッキーじゃん!

何か不都合な事あるの?

auひかりの代理店によるキャッシュバックの構造は以下のとおりです。

1)代理店自社で行うキャッシュバック

2)もともとKDDIが行っているキャッシュバックというより割引き

3)無線LANの無償供与

ネットを見ると最初に

72,000円キャッシュバックとうたわれており、「おっ」と思うのです。

代理店とプロバイダーとKDDIの3社の同時キャンペーンだと

複雑な条件は無いのだと

良く見ると「ネット」+「電話」+「スマホ」の組み合わせなのだと。

このへんから「???」となってきます。複雑なんじゃね?と

どうやら、スマホ(もちろんau)を使っていて、auの場合だと「スマートバリュー」、UQモバイルの場合だと「自宅セット割り」を申し込んでいないと、1万円安くなるのだと。

また、プロバイダーが「SONET」以外だと、これまた1万円安くなるのだと。

全然、複雑じゃん!

また、KDDIの特典というのは

他社から乗り換えた場合に最大5万円キャッシュバックなのだと。 これはこの業界でよくやる手口ですが、あくまで「最大」ですから・・・・。

他社から乗り換えると、ばあいによったら2年契約のところ1年で解約したら、違約金が発生します。

また、契約したときの工事代がかかっていて、一括で払わず月払いにすると、同額を値引きしてくれて実質ゼロ円ってのが最近の流行りですけど、悲惨な話。月払いの残りが残っていたら請求されます。

というお金がかかっても、乗り換えてくれたんだから肩代わりしますよってのが、この「最大5万円」なんです。

だから、無条件で5万円くれると思ったら大間違い。かかったお金の分を証拠をそろえて提出すると、振り込んでくれますって事です。

それでも、ありがたいですけど、実際の金額はどれくらいかって言うと、違約金は今は下がって月額の1月分ですから5千円くらい。

工事代は、残りがどれくらい残っているかですけど、平均1万5千円くらいでしょう

なので、5万円とはオーバーで実質2万円くらいと思ってください。

余談ですけど、このお金を潔く全額支払ってくれる光回線の会社もあります。

GMOとくとくBBです。

スマホは好き好きですからね、auやUQを使っていなければ、わざわざ今使っているキャリアから乗り換えてまでっていうのは、大変なので普通やらないでしょうね。

じゃあ、実質どれくらいキャッシュバックもらえるんだって話ですけど、NNコミュニケーションの話は読んでもなんだか判らないので。下の表に苦労してまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました